ロサンゼルス–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ)– Xプライズは本日、賞金3000万ドルのグーグル・ルナーXプライズの一環として、チーム「シナジー・ムーン」の打ち上げ契約を正式に検証確認しました。グーグル・ルナーXプライズは、民間資金によるチームが2017年12月31日までに、無人探査機を月面着陸させることを目指す世界規模のコンテストです。シナジー・ムーンのミッションでは、インターオービタル・システムズが建造して打ち上げるネプチューン8ロケットを使い、月面に月着陸船と少なくとも1台の探査機を運びます。このロケットは2017年下半期に、カリフォルニア沿岸の外洋から打ち上げられます。 2017年にグーグル・ルナーXプライズで競い合うチームは3チームが確定していますが、シナジー・ムーンがその1つとして、スペースILとムーン・エクスプレスに加わります。残りの13チームがコンテストに参加し続けるには、2016年12月31日までにXプライズから打ち上げ契約の検証確認を受ける必要があります。 グーグル・ルナーXプライズのシニアディレクターを務めるチャンダ・ゴンザレス-マウラー




ロサンゼルス–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ)– Xプライズは本日、賞金3000万ドルのグーグル・ルナーXプライズの一環として、チーム「シナジー・ムーン」の打ち上げ契約を正式に検証確認しました。グーグル・ルナーXプライズは、民間資金によるチームが2017年12月31日までに、無人探査機を月面着陸させることを目指す世界規模のコンテストです。シナジー・ムーンのミッションでは、インターオービタル・システムズが建造して打ち上げるネプチューン8ロケットを使い、月面に月着陸船と少なくとも1台の探査機を運びます。このロケットは2017年下半期に、カリフォルニア沿岸の外洋から打ち上げられます。 2017年にグーグル・ルナーXプライズで競い合うチームは3チームが確定していますが、シナジー・ムーンがその1つとして、スペースILとムーン・エクスプレスに加わります。残りの13チームがコンテストに参加し続けるには、2016年12月31日までにXプライズから打ち上げ契約の検証確認を受ける必要があります。 グーグル・ルナーXプライズのシニアディレクターを務めるチャンダ・ゴンザレス-マウラー