仏コロンブ–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — 組み込みセキュリティーソフトウエア製品・サービスの世界的大手プロバイダーであるOT(オベルチュール・テクノロジーズ)は本日、全般に好調な2016年上半期の財務業績を発表しました。 グループ売上高は、FSI(金融サービス機関)事業およびCAI(市民アクセス・ID)事業がけん引役となって固定為替レートベースで7.6%増の5億4650万ユーロとなりました。 為替変動による影響にもかかわらず、粗利益率は前年同期比で45ベーシスポイント改善しました(第2四半期には189ベーシスポイント改善)。 グループEBITDA(利払前・税引前・償却前利益)利益率の上昇が続き、前年同期比+4.4%の15.4%となりました(第2四半期は+13.3%)。 OTのディディエ・ラムーシュ最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「上半期の業績は極めて好調で、収益性が改善しました。特に、売上高が力強い伸びを記録したことは大変喜ばしく、当社が業界を凌ぐ成績をあげ、市場シェアの拡大が続いていることを示しました。また、通信事業が底堅さを見せ