パリ–(BUSINESS WIRE)–#CellCulture–CNIMグループ傘下企業のベルタンは、高画質の画像を実現し、科学者の日常的な細胞操作を容易にする目的で開発した新しいセルイメージャーInCellis(インセリス)を発表します。明視野・位相差・蛍光観察での高画質は、照準や監視などの軍事アプリケーションでも使用されている最先端のCMOS低照度センサー技術がもたらしています。ベルタンの他のあらゆる製品と同様、人間工学とユーザー体験の両方を開発チームは大いに考慮しました。 スマート・セルイメージャー・ソリューション InCellis独自の特徴には、フォトニス製の低照度CMOSカラーカメラ、大型のタッチスクリーンモニター、特許を取得した光照射技術、多チャンネル化セルイメージングなどのオンボード自動細胞培養アプリケーション、「フラスコ内」トランスフェクション効率(実際の色の組織スライド画像)、細胞増殖検査が含まれます。 ベルタン・システムズ・アンド・インスツルメンテーションのマネジングディレクターを務めるBruno Vallayer博士は、次のように述べています。「8年前に初のイメージングステーションが