米ジョージア州ダルース–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — 農業機器の製造・販売における世界的リーダー企業であるAGCOコーポレーション(NYSE:AGCO)は、DKEデータハブ・イニシアチブに創設メンバーとして参加したことを発表します。今回の参加は、AGCOの精密農業戦略が一貫して新規のパートナーやアライアンスを通じてそのオープンアプローチを精密農業へと拡大し、当社のお客さまにより良いソリューションを提供していることを示す一例となっています。AGCOはDKEデータハブを通じて、農業産業におけるその他のリーダーと協力して、農業者のためにデータ通信/変換の課題を解決していきます。 2018年のリリースを計画しているデータハブでは、複数のサプライヤーやOEMからのデータ転送/変換による相互通信を実現するという課題に取り組みます。データハブは諸技術の間で多数の通信パスを必要とするのではなく、ニュートラルなプラットフォームを提供して、データ転送プロセスを簡素化します。 AGCOのグローバル・アドバンスト・テクノロジー・ソリューション製品ライン担当副社長のマット・ラッ