ロンドン–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — 世界的な医療技術企業のスミス・アンド・ネフュー(LSE:SN)(NYSE:SNN)は、2016年9月25~29日にイタリアのフィレンツェで開催される世界創傷治癒学会連合(WUWHS)で3件の科学シンポジウムを大々的に開催します。スミス・アンド・ネフューは、患者の転帰改善を可能にする臨床診療分野での研究を実施し、その内容を効果的に伝えることで医療専門家を支援することに真剣な努力を傾けていますが、これらのシンポジウムは当社のこうした取り組みを充実させるものです。 1つ目のシンポジウムは独自の単回使用陰圧閉鎖療法システム(sNPWT)であるPICO™と、同システムが手術部位の合併症低減に果たす役割を集中的に検討するものです。PICO™は豊富な臨床証拠を通じ、急速にNPWTにおける有力な選択肢となりつつありますが、その理由は同システムが、臨床的でコスト効率に優れた方法で、合併症リスクのある広範な創傷を管理できるからです。最近の研究では、PICO™を使用することで表在性の手術合併症が4分の1(8%から2%)に低減し、患者1