シドニー–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — eラーニングの世界的なリーダー企業であるスキルソフトは本日、メリッサ・リースをアジア太平洋地域(APAC)のバイスプレジデント兼マネジングディレクターに任命したと発表しました。リースは、APAC地域におけるスキルソフトとサムトータルの成長を統括することになります。 スキルソフトのグローバル・コンテンツ・セールス担当シニアバイスプレジデントのチャド・ガイドスは、次のように述べています。「スキルソフトにリースを迎えることができ大変うれしく思います。リースはこれまで23年間、ソフトウエア企業の上級幹部を務めており、APAC地域における複雑なエンタープライズ・ソフトウエアや破壊的技術の販売で深い知見と経験を有しています。リースは、極めて競争の激しい環境下で有能なチームを率いて数百万ドルの年間売り上げ目標を突破した実績を持っています。」 リースは、次のように述べています。「スキルソフトは、SaaSと学習・開発という私が情熱を注ぐ2つの要素を融合させています。私はキャリアの大部分を通じてソフトウエア分野に従事しており、人々の