米オレゴン州ビーバートン–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — イーサネット技術の一貫した成功と進歩に専心する世界的コンソーシアムのイーサネット・アライアンスは本日、イーサネットの修正規格として、2.5 Gb/sおよび5 Gb/sでの運用のためのメディアアクセス制御パラメーター、物理層、管理パラメーターを規定したIEEE 802.3bz™規格が承認されたことを高く評価しました。この修正規格により、アクセスレイヤーの帯域幅を毎秒1ギガビット(Gb/s)からインクリメンタルに増加でき、エンタープライズ用途やワイヤレスネットワークなど、さまざまな条件やアプリケーションで生まれているニーズに対応する上で役立つことになります。 イーサネット・アライアンスの理事で、インテルのプリンシパルエンジニア、IEEE 802.3bzタスクフォース議長を務めるDavid Chalupskyは、次のように語っています。「IEEE 802.11ac™でさらに高速の無線技術が実現し、この技術でネットワークにアクセスするユーザーが増えるという状況が特にある中で、有線・無線の両方において、デー