英ケンブリッジ–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ)– 高度なビデオ検証ソリューションを供給する一流企業のアルゴン・デザインは、当社の受賞歴があるアルゴン・ストリームス(Argon Streams)製品のカスタマイズ版を開発しました。これは特にARIB STD-B32準拠ビデオデコーダーの検証に狙いを定めたソリューションです。 ARIB STD-B32は、日本の超高精細放送向けにアップデートされた規格で、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会の開催期間中に、8Kスーパーハイビジョン(SHV)コンテンツを生放送するために使用されます。 日本の電波産業会(ARIB)によって策定されたもので、デジタル放送向けの映像符号化、音声符号化、多重化方式の規格が含まれています。ARIBの重要な役割の1つに、通信・放送分野における無線システム関連の規格策定があります。 ARIB STD-B32の第1部は映像符号化の仕様で、HEVC Main10のサブセットに当たります。アルゴン・デザインはビットストリーム生成のための当社のコンパイラー技術を使い、この映像符号化規格に合う